腰回りの痛み・しびれは「西宮サンライズ整骨院」へお任せください!

膝痛・変形性膝関節症

side-main-05

当院ではコロナウイルス対策に
取組んでおります。

安心してご来院下さい。

1.予約制で、院内は3人以上にはなりません。
患者様入れ替わりに3人になるぐらいです。
2.院内の加湿、定期時間の換気の徹底
3.院内入り口、スリッパ、使用後のベッド、顔まくら、その他、院内全体に、効果の高い次亜塩素酸水やアルコールでの除菌の徹底
4.手洗いの徹底

 

なぜ、どこに行っても改善 
しない辛い症状がこんなにも 
根本改善されるのか? 

 

 

このような悩みは
\ありませんか?/

  • 立っている時は痛くないのに、膝を曲げたり、伸ばしはじめが痛い
  • 階段の上り下りが痛い
  • 朝や夜寝ている時に痛む
  • 膝が痛くて長距離を歩けない
  • 膝が痛いので膝のマッサージをしてもらったら、余計に腫れてきて痛くなった
  • 正座ができない
  • ランニングをはじめたら、膝の外側が痛くなった
  • じっとしていても痛くなってきた

矢印 

諦めるには早すぎます!
まずは当院におこし下さい

 

 

医療関係者が推薦

 

レントゲン技師

 

歯科医師

 

理学療法士

 

柔道整復師

 

 

他で良くならない理由

imasia_4216932_M-e1476340959788

長期にわたって膝の痛みでお悩みの方は多いのではないのでしょうか?私自身もスポーツでのケガで膝の痛みで悩んだことがあります。

自分ではなぜ?膝が悪くなった原因がわからないと言う方がほとんどです。

確かに、スポーツや日常生活で転倒して直接ひざをぶつけたり、階段を降りるときに強く踏み込んでしまい、膝に衝撃が加わったことなどを除いては、原因をさがすことは難しく思われます。

  • サポーター
  • 局所のマッサージ
  • ストレッチ
  • 電気
  • 投薬
  • テーピング
  • 湿布
  • 注射

以上の対処は一時的に膝の痛みを抑えるのには有効かもしれません。しかし、すぐに痛みが戻ってきてしまいます。

では、なぜあなたの膝は良くならないのでしょうか?

それは膝の関節の構造や、膝と他の身体の部位のつながりを見てゆかなければなりません。

膝関節は太ももの骨(大腿骨)、ふくらはぎの骨(脛骨)、ふくらはぎの骨の外側の細い骨(腓骨)、お皿(膝蓋骨)で構成されています。

これら4つの部分に対してのみの対処ではたして本当に痛みがなくなるのでしょうか?

他の身体の部分に問題があり、結果として膝に問題が生じたとは考えられないでしょうか?

つまり、動くという動作に対しては、頭→背骨→骨盤→股関節→膝→足が単体で動いている訳ではなく、それぞれ連動して動いています。

例えば、なぜ立っている時は膝が痛くないのに、曲げはじめ、伸ばしはじめに膝が痛くなるのでしょうか?

骨盤や足首を調整してもらったら、膝が楽になった。

膝が痛いのでもんでもらったら余計に膝が痛くなった。

膝の痛みだけではなく、腰痛もあり、腰を治療したら膝の痛みも緩和した。

こんな経験はありませんか?

むしろ、局所をマッサージをすることによって、膝の安定性が失われ、よけいに痛みをこじらせる原因になる場合もあります。

身体のどの部分が膝に痛みを引き起こしているのか?しっかりと探ってゆくことが必要であると思います。

局所の対応しかなされていないのが多いのが現状ではないでしょうか?

 

 

症状についての説明

imasia_11899113_M-e1476341104388

膝のすべての症状の説明ではありませんが、比較的よく見られる症状を説明したいと思います。

1変形性膝関節症

変形性膝関節症

高齢の方が多いように思いますが、早期では40代後半ぐらいからしばしば見うけられます。

男性より女性の方が多いです。それは、男性と女性の生理的な身体の違い(筋力の違いや身体の作りの違い)が考えられます。

また、高齢の方に多い理由といたしましては、加齢による身体の変化が原因と考えられています。

初期の変形性膝関節症は、長い距離での歩行・立ち上がるとき・階段の上り下り、特に階段を降りるとき痛むのが特徴的です。

変形が進行してゆくと、歩く時の痛みが増したり、夜痛くて目が覚めたり、じっとしていても痛くなることが多くなります。また、形態的にもO脚、X脚のような下半身の形態が見られます。

 レントゲンやMRIを撮ったとき、膝の関節の骨である大腿骨(太ももの骨)と脛骨(ふくらはぎ内側の骨)の側面に骨棘というトゲのような画像がみられます。これが変形した膝関節です。しかし、画像上変形が見られても症状が出ていない方もいます。

2 半月板損傷

半月板とは膝関節の太ももの骨(大腿骨)、ふくらはぎの骨(脛骨、腓骨)の骨の間にある三日月のような形をした軟骨です。内側と外側に1つずつあります。働きとしては、膝関節の安定、クッションのような役割(負荷の分散)や、なめらかに曲げ伸ばしできるように働くことに機能しています。

半月板は外側3分の一までしか血液が通ってなく、それ以上何らかの原因で損傷した場合は手術適応になります。

また、半月板は膝関節の横の内側、外側の側副靱帯とくっ付いていますので、ケガの際は靱帯損傷も合併します。半月板は内側の損傷が多いです。

半月板損傷はスポーツのケガ以外にも、加齢とともに起こる身体の変化の慢性化により、変形性膝関節症を引き起こす要因にもなります。

半月板が痛むと、膝の曲げ伸ばしでのひっかかかり感や、運動した時に痛みがでます。悪化すると膝に水(関節液)がたまったり、“ロッキング現象”といって、膝が動かなくなり、激痛のため歩けなくなることもあります。

3 O脚・X脚

足をそろえて前から見ると、膝と膝の間に大きな隙間がある状態をO脚といい、X脚とは、両脚を揃えて立ったときに、足関節の内側のくるぶしはつかないのに両膝がくっ付いてしまう状態のことを指します。

正面から見たときに両脚が『九の字』に曲がった形が英語の『X』の文字に見えることから、X脚と言われています。X脚は男性よりも女性に多いとも言われています。

症状的には、よほど過度な運動をしない限りでないとされていますが、女性の方はスカートをはいたとき、美容的に気になる方が多いです。

4オスグット病

オスグッド病は、小学校から高校生ぐらいまでの成長期に発生する膝の痛みです。個人差はありますが、大体は小学校高学年から中学3年生(10歳から16歳ぐらい)に多く発症します。

成長期は大幅に身長が伸び、骨も大幅に成長してゆきます。しかし、それに伴う軟部組織(筋肉、スジ(腱))の成長が追いつかず、軟部組織が硬くなる傾向になります。特に太ももの前の筋肉(大腿四頭筋)の柔軟力が低下し、ジャンプやダッシュ(バレー、バスケ、サッカー)など、曲げ伸ばしの繰り返しの動作は、お皿(膝蓋骨)を引っぱる力が膝下の骨(脛骨粗面)に繰り返し加わり、結果、膝下の脛骨粗面に強い痛みが発生します。見た目では脛骨粗面に膨れたような隆起があります。症状としては、局所に熱感、痛みが生じ、ひどくなってくると、ジャンプしたり走ったりする運動能力の低下をまねきます。明らかにケガをしたと言う外傷性の要因はなく、我慢してプレーしていることもしばしばです。

5ランナーズ二―(腸脛靭帯炎)

ランニングにより痛みやすいのがランナーズ二―(腸脛靱帯炎)です。陸上競技の長距離ランナーに多くみられ、膝の外側に痛みを感じるのが特徴です。

長距離ランニングによる素早い膝の屈伸運動が繰り返し行われ、身体の外側にある腸脛靭帯と膝の間に大きな摩擦が起き生じます。

最初の段階では、痛みが出るものの、少し休むと治まりますが、徐々に運動後も痛みを感じ、悪化すると日常生活にも影響を及ぼします。また、長距離マラソン以外にも、スキー、自転車競技、登山、ボールを使う競技などでも起こります。筋力が弱い人や柔軟性に欠けている人、ランニング初心者、O脚気味の人がなりやすい傾向にあります。

6ジャンパーズ二―(膝蓋靱帯炎)

ジャンパーズ二―とは、ジャンプして着地する動作や、サッカーのようにキック動作、スタートダッシュなどの動作を繰り返すスポーツに多くみられる、使いすぎ症候群(オーバーユース)による膝のスポーツ障害です。類似の症状としてはオスグット病があります。

ジャンプやランニングは、着地時の膝への負担が大きくなり、通常の歩行と比べると、2倍以上の衝撃度になります。そのことによって大腿四頭筋と呼ばれる前腿の筋肉が強い収縮を起こし、筋肉の付いている脛骨粗面という部分との間あたりに起こる症状でもあります。場所としては、膝のお皿の下などがよく痛くなります。

7鵞足炎(がそく炎)膝の内側の下の痛み

鵞足とは、3つの筋肉のスジ(腱)

縫工筋(ほうこうきん)、

薄筋(はくきん)、

半腱様筋(はんけんようきん)

この3つの筋肉の腱が膝の内側で脛骨(けいこつ)の上部にくっついている部位です。鵞鳥(がちょう)の足に似ているので、鵞足という名前がついています。

鵞足炎は、この膝の内側が炎症を起こしている状態を言います。

鵞足炎は幅広く、主にスポーツをよくするアスリートに多いですが、変形性膝関節症、打撲など外傷性の膝の痛みの方にも見うけられます。

鵞足炎では膝の下方内側に痛みが生じ、その部位に熱感や腫れ、押すと痛みます。

歩行、運動、階段昇降時、特に、膝を曲げるときや、内側に捻る動作で痛みが大きくなる傾向にあります。また、ひどくなると安静にしてじっとしていても痛い状態が続きます。

8関節内水腫、血腫(ひざに水や血液が溜まる)

膝に水か血液、どちらがたまっているか確認するのには検査が必要です。この場合は先に医療機関での検査をおすすめします。

  • 半月板損傷
  • 靭帯損傷
  • 軟骨損傷
  • 関節包損傷
  • 骨折
  • 変形性膝関節症
  • 関節リウマチ
  • 痛風
  • 偽痛風
  • 感染・化膿性関節炎など

 

 

原因

85be7d97baf3e0599a91c51ccbfeef83_m

膝痛の原因を知るには、ご自身の身体のことや、日常生活での状態をご理解することが大事です。

膝の痛みの原因は一時的要因、二次的要因の大きく2つにに分けられます。

一時的要因…膝のケガによる原因。直接ひざをぶつけたり、捻ったりすること

二次的要因…直接ひざに強い力が加わったわけでもなく、全体の筋肉や関節の連動が上手く働かず、結果として膝に繰り返し力が加わり続け、金属の摩耗のような状態の負荷が蓄積し、限界を超えはじめたとき強い痛みが生じる原因となること。

多くの原因はこの2つに分けられます。

リウマチによる膝の変形、感染症による膝の症状はありますが、この場合は整体の適応外で、病院での治療をおススメします。

膝を動かすにはまず、脳から「膝を動かす」という指令が、背骨→骨盤→股関節→膝→足へ伝わって動きます。

このどこかで問題が起こっていると、一部分に負担が集中し痛みを引き起こしていると考えられます。

1つの動作自体の負荷は負担が少なく問題はありませんが、問題が起こっている状態に気つ“かず、長い間この状態が続くと言うことは、徐々に膝の関節が悪くなっていると言うことです。

また、繰り返し膝に加わり続ける力は炎症を引き起こします。そのため炎症が大きくなると膝が腫れた状態になります。

こうなってくると、炎症の熱が周りの関節や筋肉に影響し、なかなか改善が難しいになってゆくと考えられます。

ここまでくると、安静、マッサージ、温めることをしても対処できなくなってしまいます。

よくリハビリで動かさないから良くならないと聞きますが、他の身体の部分のことを考えずに、問題がある状態で膝を使うとかえって悪化する可能性が高くなります。

 

 

当院の改善法

当院の改善法

当院では、もちろん局所の膝も施術させて頂きますが、膝に問題を起こしている可能性がある身体の他の部位を調べ、調整してゆきます。

つまり、頭→背骨→骨盤→股関節→膝→足と各身体の機能の連動性を確認し、何か問題が生じていれば調整し、動けるようにしてゆきます。

特に、長時間歩くことが可能になり、正しい歩き方が出来ることが改善のポイントになってゆきます。

当院では、ヒザの症状改善としてヒザの施術を行うことはもちろん、ヒザ構成骨の関係組織や関節に問題があれば一つ一つ整復し、特に股関節と合わせて骨盤の動作を改善して行くように整復という手技による施術と治療道具による股関節や背骨の施術を行います。また、関係関節を含めて正常なヒザの動作ができるときは正しく歩けていて、かつ長く歩くだけの耐久性を持った状態と言えるのでその状態へ近づけて行くための運動療法を行います。

膝の症状は多岐にわたります。それぞれ違った膝の症状には個別に対応させて頂きます。同じ身体のつくりをしていても、各個人は日常生活の状況も違うので問題の部位も違ってくるからです。

当院では局所の対応ではなく、筋肉、骨、神経、運動療法、栄養指導などを通して良好な状態に施術します。

筋肉、骨、神経へは整体も行いますが、「音叉」という特殊な器具を用います。

整体に関しては、無理に関節をねじったり、強くマッサージしたりはしません。ご安心ください。

院長自身もスポーツで膝の故障に悩んだ時もあります。膝の症状でお悩みの方は一度ご相談下さい。

 

 

お試しキャンペーン

急なお身体の痛み、時間外の施術もご相談下さい

1月27日までに
\ご予約の方に限り/

 

腰痛整体コース

初回 60分
(カウセンリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで2,980円
(通常5,500円×2回=11,000円)

 

先着5名様のみ

→ あと 3

除菌 

急な腰の痛み、ぎっくり腰など、休日の時間外の施術、往診もご相談下さい。なお、院内は保湿、除菌などウイルス対策も万全に行っておりますので、安心してご来院下さい。詳しい対策はこちらをご覧ください。

tel:0798388817

web予約

 

MAP

 

\ さらに!/

返金保証

 

 

多くのお客様から
喜びのお声を頂いています!

 

「正座が出来るようになりました!」

本多様病院で変形性膝関節症と分かり、電気、注射をしましたがダメでした。左膝が痛かったのですが、右膝も大変痛くなりました。朝起きた時が一番辛く、正座も出来なくなり、このままでは歩けなくなってしまうのではないか不安でした。こちらでお世話になって、1か月と少しで正座もでき、朝も痛くなくなり、長距離の歩行も苦でなくなりました。(本多様 70代)
※効果には個人差がございます

「1回目で膝の痛みは残りましたが、嘘みたいに足に体重がかけれるようになりました!」

お客様膝の痛みで、整骨院に6か月、週一回通いましたが効果が感じられず、整形外科にも通院しましたが、湿布と痛み止めとレントゲンだけでした。膝がびっこを引き歩きずらく、仕事に影響がでて辞めることも考えました。前からチラシでサンライズ整骨院を知っていたので、通院してみました。1回目で「膝の痛み」は残りましたが、嘘みたいに足に体重がかけれるようになり、症状もしっかりと説明してくれたのも他との違いを感じて、良かったです。(筒井様 40代 主婦/パート)
※効果には個人差がございます

「私の腰や足には先生のやり方があっていると思いました。」

 

お客様過去ヘルニアの手術、膝の痛み、膝の手術もすすめられましたが、他の施術院で腰を思いっきり引っ張られたり、整形外科でのリハビリ、注射が全く合わず効果がありませんでした。しゃがめなかったのですが、しゃがめるようになりました。私の腰や足には先生のやり方があっていると思いました。色々なところに行くのではなく、自分の身体のことを良く知っている先生に身をゆだねるのがいいと思いました。(古味様 80代 )
※効果には個人差がございます

「膝の痛みの筋トレやストレッチ、原因に対するアドバイスが役立ちました!」

 

お客様膝のO脚でしゃがみにくく、立ち上がるとき物につかまったり、階段を降りる時がつらかったです。膝の見た目の問題で細いズボンも履くのがおっくうになっていました。通院してから、四股ふみなどの筋トレやストレッチ、靴に関するアドバイスが役立ちました。ヨガにも通っていましたが、ただ動かすだけで形を負うばかりで、身体の使い方を意識することはありませんでしたが、こちらで身体の使い方を教えて頂き、ヨガでもよく動きが意識できるようになりました。半分どうなる事かと諦めていましたが、きちんとすれば身体は良くなるものだと思いました。不自由であった動作がしやすくなり、階段での膝の痛みも感じなくなりました。細いズボンもぼちぼち履いてみようと思います。 (宇吹様 70代)

※効果には個人差がございます

 

 

当院の技術を
多くのプロの施術家が
推薦しています!/

 

「新しい知識と新しい技術革新を怠ることなく日々の施術に挑む」

谷崎先生美骨整復くるみの実 代表
施術家向け技術セミナーGTA 代表
谷崎政一郎先生

来院される方に対して、常に

『どうやったら今の苦痛から解放されるだろう?』
『自分に出来ることはなんだろうか?』

と、自問自答を誰よりもされる先生だということです。当たり前のことのように感じますが、このことは、毎日お客様をみている同業である自分自身に置き換えて考えても『常に』出来ることではありません。

それ故に、新しい知識と新しい技術革新を怠ることなく日々の施術に挑む、永倉先生の今の姿勢があるのだと感じています。

「自分が納得いくまでトコトン追及する」

梶谷先生美骨整復 オフィスかじ 
腰痛研究会

代表 梶谷真太郎先生

永倉先生には、確かな技術の持ち主です。症状の根本の原因はどこにあるかを的確に見抜き、施術をされています。 骨盤や股関節、足関節など身体全体のマランスを整える事にたけていると思います。手で触れ、触ることで正確に身体の状態を把握する能力。その状態から身体のバランスを良い状態に変化させていく能力。この二つを持っている先生が永倉先生です。 また、腰痛施術を専門的に学ばれており、腰痛、ヘルニアの施術で多くの喜びの声を伺っております。 何事も向上心が素晴らしく、熱い思いで自分が納得いくまでトコトン追及する姿勢には私も見習うところです。 

「今現在も2か月に一回お世話になっています」

木村整骨院 木村 辰之先生きむら整骨院
院長 木村展之先生

話してみると、気さくで品がある先生でした。
また、施術に関しても知識が豊富で、お客様に向き合う姿は立派でした。
あれから、お互いに独立を果たし切磋琢磨する間柄です。
私は以前アメフトをしており、その肩や腰の痛みに悩まされていました。
永倉先生には良くみて頂き、今現在も2か月に一回お世話になっています。
彼の知識の豊富さと技術に関しては、私が太鼓判を押します!!
痛みにお悩みの方は是非! 西宮サンライズ整骨院に行ってみて下さい。

 

 

他院とはどこが違う?

サンライズ整骨院が
\選ばれる7つの理由

 

1.初回は30分以上かけてカウンセリング&検査

カウンセリング

一番大事なのはお客様との信頼関係。わらかないことがあればなんでも聞いてください。本当の原因をみつけるため丁寧にカウンセリング&検査します。

 

 

2.専門用語は一切なし!わかりやすくご説明します

わかりやすく説明します

お客様が不安なまま施術を始めることはありません。わかりやすく丁寧にご説明をさせて頂きます。

 

 

3.腰痛のスペシャリストの院長自らが施術痛くない整体です

痛くない整体

十数種類の整体技術を習得し、国家資格も持った院長自らが施術します。高い技術と豊富な経験で改善へと導いていきます。痛くない整体で安心です。

 

 

4.アフターフォローにも力を入れいています

アフターフォロー

再発しないよう、日常での体の使い方やセルフケア・運動・ストレッチ法なども丁寧にアドバイスいたします

 

 

5.痛みの改善だけではなく、様々な効果が期待できます

さまざまな効果が期待できます

全身を整える施術なので、ウエストのサイズダウン・疲れにくくなる・痩せやすくなる・姿勢が良くなる・体が楽になるなど様々な効果が期待できます。

 

 

6.結果にとことんこだわります

結果にとことんこだわります

大事なのは痛みが改善するという結果です。結果にこだわって施術をいたします。本気で治りたい方のために全力を尽くします。

 

 

7.当院がFMラジオやメディアでも多数取り上げられています

メディアで話題

FM倉敷で腰痛の整体師として出演、雑誌「シティライフ」、地域情報サイト「西宮流」で腰痛専門院として紹介されるなど、有名整骨院です。

 

 

 

お試しキャンペーン

急なお身体の痛み、時間外の施術もご相談下さい

1月27日までに
\ご予約の方に限り/

 

腰痛整体コース

初回 60分
(カウセンリング・検査+施術)

2回目(施術)

 

セットで2,980円
(通常5,500円×2回=11,000円)

 

先着5名様のみ

→ あと 3

除菌 

急な腰の痛み、ぎっくり腰など、休日の時間外の施術、往診もご相談下さい。なお、院内は保湿、除菌などウイルス対策も万全に行っておりますので、安心してご来院下さい。詳しい対策はこちらをご覧ください。

tel:0798388817

web予約

 

MAP

 

\ さらに!/

返金保証

 

腰痛専門「西宮サンライズ整骨院」つらい痛み・シビレを根本改善 PAGETOP