腰痛専門の整体なら「西宮サンライズ整骨院」

その坐骨神経痛!!改善のカギは大腰筋にあり

坐骨神経痛の症状の原因、大腰筋のケイレンの説明画像

坐骨神経痛の原因の1つで大腰筋のケイレンがあります。症状と原因をまとめてみました。

大腰筋のケイレンによる坐骨神経痛 
症状 原因
①足全体が痛くなる ①大腰筋は、腰から股関節までついている大きな筋肉です。腰のまわり体幹部を支えるのに大変重要な筋肉です。大きな筋肉であるがゆえに、腰からの神経や血管を覆い、異常があれば、腰から足にかけて影響がでます。
②夜中や明け方によく足がつり、痛くて起きてしまう ②夜になるとほとんど動きませんので、必然的に筋肉には血が流れにくくなります。筋肉が張っている場所もさらに血流が悪くなり、酸素不足にもおちいり、足のつりや痛みが激しくなります。
③イスに長く腰かけて、立ち上がる時が痛くて辛い ③座っているという事は、大腰筋が縮んだ状態です。立ち上がる時は、硬く縮んだ筋肉が急に引き伸ばされるため、立ち上がりにくい。
④痛みがあるけど、病院でのレントゲンやMRI検査では異常がない ④筋肉が縮んでいる状態だけなので、見た目は変わらず判らない。
⑤猫背で身体を丸くするとラク ⑤腰から股関節についている大腰筋が縮むので、背骨が引っ張られ前かがみがラクになります。

このような症状があれば、大腰筋が坐骨神経痛を引き起こしている原因と考えられますので、簡単なストレッチで伸ばしましょう!

坐骨神経痛ストレッチ

大腰筋のストレッチの方法はいろいろありますが、一番簡単な方法をご紹介します。

坐骨神経痛のストレッチの説明画像

 ソファーがある方は、仰向けに寝て伸ばしたい方の足を降ろすだけです。股を広げたり、狭めたりすると、大腰筋以外にもいろんな筋肉が伸びますので、一番いた気持ちいいポイントで30秒~90秒じわーっと伸ばしてください。

坐骨神経痛 ストレッチ 仰向け

ソファーのない方は、床に仰向けに寝て、伸ばしたい方の反対側の膝を抱え、もう一方の下半身を伸ばします。後は同じ要領でじわじわ伸ばしてゆきます。

ストレッチもたくさん種類があり、どれが自分に合っているか?難しい所ですが、とりあえず続けてやってみる事が大事です。ぜひ試してみて下さい!

 

 

「西宮サンライズ整骨院」つらい腰痛を根本改善 PAGETOP