腰痛専門の整体なら「西宮サンライズ整骨院」

腰椎椎間板ヘルニアの回復には足首の状態も重要です。

昨今、骨盤矯正ブームでその重要性が注目されています。骨盤は身体の要として、背骨と同じぐらい重要な部分です。

しかし、骨盤の矯正において骨盤のみを調節だけが正しいのでしょうか?

確かに調整はされますが、すぐに戻ってしまいます?

何故でしょうか?

その理由は足首の調整が不十分な事も考えられます。

私たちの身体の重みは、頸部(首)→背部→腰部→骨盤→股関節→ひざ→足首に伝わります。そして、かかと、足の小指、親指の3点に荷重が分散され、足首が分岐点になっています。ちょうど、カメラの三脚とよく似ています。

ところが、足首が硬く、足先までの血流が悪くなっていると、この3点で支えるのが困難になって来ます。

しかも、多くの方が外反母趾、巻き爪で3点バランスが崩れ気味、悪い状態で歩き続けやがて骨盤が歪んでくるのです。

足首の状態が悪いと、ひざ、股関節、骨盤、腰部へと負担が伝わり、ほっておくとヘルニアの原因にもなりえます。その他、ヘルニアだけでなく、ひざ関節にも大きな影響が生じます。長年、ヘルニアがある人は膝にも問題を抱えている場合も少なくありません。

なので、いくら骨盤のみを整えてもなかなかヘルニアの症状が治らない原因にもなっています。

是非、足首の柔軟性も養っておきましょう。そうする事で力が分散し、ヘルニアだけでなく、腰痛やひざ痛を予防しましょう。

もう一つ、靴もチェックしておきましょう。靴底がすり減り過ぎていると足首から身体全体にゆがみが生じやすくなります。

骨盤は締めるとよく言いますが、しまっているだけではダメです!

前述から、骨盤と足の関係はよくわかりましたか?足首の柔軟性を養うと骨盤への連動性も良くなります。

足首を内側に回すと骨盤は締まり、外側に回すと開きます。つまり、足首をよく回すと正しい骨盤の状態に治まりやすい事が言えます。

骨盤がゆるみがちの人、例えばお腹が出ている人、妊婦さんなどはつま先が外に向く傾向にあります。だからと言って、緩んでいるからと言ってうち回しだけすればいいかというと、答えは×です。

正常な位置に近つけようと思うのなら、両方均等にまわしてください。ぜひ覚えておいて下さい。

足首の柔軟性を高めれば骨盤が整い、ヘルニアの症状も緩和します!

 

 

「西宮サンライズ整骨院」つらい腰痛を根本改善 PAGETOP