腰痛専門の整体なら「西宮サンライズ整骨院」

結論から言うと、椎間板ヘルニアは例外を除き手術しなくても治ります!

ヘルニア手術

一般的に椎間板ヘルニアと言うと、骨のクッションの椎間板から中の髄核が飛び出ている状態のことを言います。この状態が腰の痛みやしびれの原因とされています。

また、髄核は時間と共に小さくなってゆきやがて消えます。本来なら髄核が消えてゆくと腰の痛みやしびれがなくなってゆくはずですが、症状が治まってゆかないことも多いです?

何故でしょうか?

ヘルニアがなくなっているのに治らず、腰の痛みが治まらないのは何故?

「レントゲンやMRIでヘルニアがなくなっているから、異常ありません・・・」

「でも、まだ腰は痛いし、しびれが残っている。どうしたらいいんだろう?」

こんな感じで思っている人は多いと思います。

もしかしたら、筋肉や関節のバランスの状態が原因かもしれません。

筋肉や関節のバランスが悪くなってしまう原因で最も考えられるのは、ヘルニアの症状がきつい時に、痛みやしびれのひどい場所をかばって、身体の他の部分に負担がかかってしまい、腰の痛みがまだ残ってしまっているかもしれません。

ヘルニアが治まったのにいも関わらず、腰の痛みが残ってしまう理由の大半はこの「かばってしまう」ことが原因かもしれません。

日常生活では様々な負担が筋肉や関節にかかって来ます。負担のかかり方などは人それぞれライフスタイルによって違ってきます。

あなたは、普段どんな動きを良くしますか?

しゃがみこむ事が多い・・・、立っていることが多い・・・、座っていることが多いなど・・・・

こんな感じで、各個人によって、どの関節や筋肉に影響がでてくるかも違ってきます。

あなたは、身体のケアーはされていますか?

しっかりと睡眠はとれていますか?入浴はシャワーでなく湯船につかっていますか?ストレッチなどして身体を柔らかくしていますか?

生きて生活している限り身体には負担がつねにかかっています。日々のちょっとしたケアーが大事ですよ!

参考ブログ

楽しい運動で椎間板ヘルニアを改善!四股ふみエクササイズ編

ストレス一発解消!温泉に行ってココロもカラダも元気に!!

「水」・・水分をしっかり摂るだけでこんな良いことが!!

 

 

「西宮サンライズ整骨院」つらい腰痛を根本改善 PAGETOP