腰痛専門の整体なら「西宮サンライズ整骨院」

お尻のハリが原因?ぎっくり腰を防ぐストレッチ

ぎっくり腰をはじめ、臀部(お尻)の筋肉のハリは、ぎっくり腰が起こる前兆と言っても過言ではありません。臀部の外側から足の外側に広がっていく痛みや足のしびれ、筋肉のツッパリ感は臀部のコリが大きな原因です。

臀部の筋肉の股関節や骨盤の動きも制限するので、結果、腰の大きなストレスになりぎっくり腰の原因にもなります。良い腰の状態を保つためにも、お尻まわりのストレッチが大事です。

さらに、臀部の筋肉をしっかりストレッチしてあげると、臀部から腰の血の流れが改善されるだけでなく、腰→骨盤→股関節の連動がよくなり動きがスムーズになります。

しかし、残念ながら臀部の外側の筋肉のハリの問題は見落とされがちになります。長い間ずっと放置しておくと、ぎっくり腰や足のしびれの原因になります。

しっかり、お尻のストレッチをすると腰や足のしびれが楽になりますよ!それでは手順をご紹介してゆきます。

1日たった3分!お尻の外側ストレッチ!

臀部(お尻)の外側のストレッチの説明画像

 

※写真は右側の臀部の外側を伸ばす場合です。

手順1・・・壁の近くにより、ストレッチしたい方の脚を後ろに引いて交差させます。壁と逆側の手は腰におきます。

手順2・・・骨盤を壁の方に左手で押し、強弱を調整します。いた気持ちいい程度がベストです。無理に強くしないで下さい。

上半身を壁と反対側に倒してゆくと、さらにストレッチの強度が上がります。また、ストレッチは60秒~90秒ゆっくりとじわじわ伸ばしてゆくのが効果的です。

「西宮サンライズ整骨院」つらい腰痛を根本改善 PAGETOP